まあちゃんの日記

うつ状態なC級リ~マンの戯れ言

◎最新記事


今日の気分 投薬 1053日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170811172626j:image

中途覚醒2回(`_´)ゞ

 

【悲報】両側性確定に付き手術不適応⁉️

 意外なことに、両側性の「原発性アルドステロン症」が確定してしまいました。従って手術不適応となり薬物治療決定です。これから一生薬を飲むことになってしまいました...(;_;)

 

セララ登場(`_´)ゞ

選択的アルドステロン受容体拮抗薬エプレレノンが新たに追加になりました。これが、カリウム保持性利尿薬と言うもので、今迄ダダ漏れだったカリウムを体内に留める働きがあるとのことで、ケーサプライ等のカリウム製剤は高カリウム血症の危険性があることから禁忌となっている。が、頑固な低カリウム血症の自分の場合、主治医のお墨付きのもと処方されました。でもやっぱり低カリウムで午前中はグダグダだよ。2週間後セララ増量だなぁ...(;_;)

今日の気分 投薬 1052日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170720121133j:image

早朝覚醒(>_<)

 

退院(`_´)ゞ

予定通り2泊3日で退院です。

 

えぇっ⁉️

退院前主治医から簡単な説明がありました。

右側の副腎静脈が予想外に枝分かれしていてうまく行ってないかもしれない(>_<)

場合によっては再検査かも...(>_<)

勘弁してよ、お金無いよ‼️

 

ところで、薬は如何しようか⁉️

その後病棟の担当医から、

次回外来まで、カリウム補正で行くか、ARBで行くか、どちらにする⁉️

と聞かれた。ARBを使った場合、再検査のためには、ARBの断薬を3ヶ月しないと再検査が出来ないらしい。

とりあえず、カリウム補正で行くことにしましたが、まだカリウムが基準値に達していないのとクロール値も低めに推移しているので、アスパラKを中止してケーサプライの増量でカリウムとクロールを同時に補正して行くことになりました。

 

はぁっ⁉️ なんですと⁉️

その後、再度病棟担当医から、迅速コルチゾールの結果を見ると恐らくうまく行っただろう。ただし、片側の副腎からACTH負荷をかける前からコルチゾールの高値が出ているようで、これとアルドステロンの出方がどう影響するか検査結果が出揃うまで何とも言えない。

どうやら片側の副腎腫瘍がコルチゾールを多量に排出しているらしい。だから、血漿ACTH濃度が基準値以下の量しか出ていないらしい。だからといってアルドステロンを多量に排出しているのかと言えば、それは何とも言えないらしい。アルドステロン・レニンの検査結果は、1週間程度かかるからこれの左右差とコルチゾールの左右差の組み合わせによって手術適応の可否が変わって来るらしい...(>_<)

 なかなかすんなりと行かないね(>_<)

次回外来は、8月10日です(`_´)ゞ

今日の気分 投薬 1051日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170719191414j:image

中途覚醒3回(>_<)

 

Adrenal venous sampling

副腎静脈サンプリング検査

いよいよ、検査段階の最終かつ最大の山場「副腎静脈サンプリング検査」です。

今回は、2泊3日の2日目に行う予定です。

 

朝は、絶飲食、点滴開始、バルーンカテーテル留置、安静、ストレッチャー移動。

8時30分からストレッチャーで安静・移動の予定が、最近肥えた所為で、ルートを取るのが難しくなっているようで、毎回2〜3回トライして、最後は「肘正中皮静脈」に落ち着くことが多いです。今回も左腕の正中からの点滴になりました。(>_<) ここでだいぶ時間を取られてしまったので、ほぼ安静の時間は無しで「血管造影室(Angiography)」へ移動。

ここからは、意識はあっても動けないので、何がどうなっているかさっぱりわからん(>_<)

時々、造影剤の追加やら採血やらやってるみたいだけどなんも見えない。

途中で、ルートから検査用のACTHを入れたところで、15分の休憩(ACTHが効くまでの間)。ここで約半分終了。

だいぶ右側の副腎静脈で手こずった見たい。(後で聞いたら右側の副腎静脈が予想外に枝分かれしていて時間が掛かったらしい。)

 止血処理をして病棟に戻ったのは、お昼前でした。そして、ここから2時間絶対安静。朝から絶飲食なんで、腹が減った。喉が渇いた。仕方ないから寝た。

 

 お昼寝をしてしまったので、夜約3時間で目が覚めてしまい、その後眠れない。この病棟は、呼吸器内科と糖尿病・内分泌内科が入っていて、今回の部屋は、自分以外は呼吸器内科で、周りの部屋もほぼ呼吸器内科の人ばかり。夜中にうなされている人や咳が止まらない人やナースコールばかりする人とか...

眠れない(>_<)

夜が明けた...

 

今日の気分 投薬 1050日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170714152102j:image

中途覚醒3回(`_´)ゞ

 

【悲報】ケーサプライ撃沈(>_<)

昨日の午後から調子の波がだだ下がりで早退しました。頼みの綱だったクエン酸回路も為す術なく、動けない状態に。

やむなく、今朝から予約外で受診しました。採血して、カリウムが「3.0」しかも朝の分は既に飲んだ状況で...(>_<)

ってことは、朝の分を飲む前は一体いくつ位迄下がっていたんでしょう⁉️

間違い無く「2」の後半までは下がっていたんでしょうね...(>_<)

先生:「まだ低いねぇ⁉️」

自分:「グルコン酸KとかアスパラKの追加は如何でしょう⁉️」

先生:「グルコン酸は顆粒だから、錠剤のアスパラKにしましょう‼️」

自分:「ぶ・らじゃ(`_´)ゞ」

 てな具合にアスパラK錠剤が増量になりました(`_´)ゞ

先生は、自分が一通りこの病気のことを調べてあることを知っているので、迂闊なことは言えないと思っているらしくちゃんと調べながら答えてくれる。

 

ついでに「粉瘤」が腫れてるんですが⁉️

一昨日辺りから「左鼠蹊部」にある粉瘤が腫れて、そろそろ爆ぜそうなんだけどどうしましょう⁉️

主治医早速皮膚科の先生宛てにお手紙書き書き。

で、皮膚科外来。

今日の皮膚科の外来担当医は2人共女医‼️恥ずかしいじゃないですか‼️

しかも、当たったのが若い方‼️

先生:「じゃあ見せて‼️」

自分:「はぁ」

先生:「これは手術した方が良さそうですね。毎週水曜日の午後が手術日なので、いつにします⁉️」

自分:「えぇっ⁉️」

最終的には手術で摘出の予定だけど、今迄の経験で、炎症を起こしている間はよほどのことが無ければ手術はしない方が良い。先ずは炎症を抑えるために切開排膿して、更に2ヶ月程経ってからでないと手術も上手くいかないらしい。それをいきなり手術と来たのでビツクリ‼️

自分:「だって腫れてますやん⁉️」

先生:「其れ程でもないから排膿はいらないです(`_´)ゞ」

自分:「はぁ...」

先生:「とりあえず、エコーを撮って来て下さい(`_´)ゞ」

自分:「はぁ⁉️」

 今迄何度か粉瘤になったけど、粉瘤でエコー検査なんか一度だってやったことはない。流石総合病院。驚きを感じたままエコー検査へ。

 エコー検査の結果が送られ再度診察室へ。ここで、もう1人の女医登場‼️

女医2:「ちょっと粉瘤見せて‼️」

自分:「はぁ」

女医2:「これなら切開排膿してオペは2ヶ月程経ってからだね〜」

自分:「ですよね〜」

女医1:「切開します...(>_<)」

ということで、

無事切開排膿となりました(`_´)ゞ

今日の気分 投薬 1049日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170711105544j:image

中途覚醒1回(`_´)ゞ

 

暑いですよね⁉️

暑くないんです...(>_<)

以前は日蔭に居ても暑い位だったのですが、今は日蔭ならポカポカ陽気程度にしか感じません。無論噴き出す汗なんかありません‼️

風が吹けば気持ち良い‼️

体温調節機能が麻痺しているようです(`_´)ゞ

今日の気分 投薬 1048日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170703074454j:image

中途覚醒無し\(^o^)/

 

土曜の夜に...(>_<)

土曜の夜に「寝てばかりで...」と切れられたけど、調子が良くないんだから大人しく寝かせてくれ‼️

 

再び心臓バクバク((((;゚Д゚)))))))

 昨日は6時間程心臓バクバク。

神さんが心配してERへ。

心電図と血液検査をして帰宅。

 

ショック‼️

ERでの血液検査の結果にショック。

塩カリを増量して2日目の夜にもかかわらず血清カリウム値が「3.1」までしか上がらない。せめて、「3.5」以上に上がってくれないと増量限界なのに...

この調子だと朝方は3を割り込むんじゃないかしら...

今日の気分 投薬 1047日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170630150241j:image

中途覚醒3回(`_´)ゞ

 

祝 原発性アルドステロン症」確定‼️

先日の検査入院の結果が出ました。

四つ行った結果のうちの2つが陽性2つが陰性と言うことでした。四つのうち一つでも陽性があれば確定と言うことなので、立派な「原発性アルドステロン症」患者と言うことになりました。

検査結果は、

「カプトプリル負荷試験」と「フロセミド立位負荷試験」の2つが陰性。

「生理食塩水負荷試験」と「経口食塩負荷試験」の2つが陽性だったそうです(`_´)ゞ

 

次は局在試験。

原発性アルドステロン症」が確定したので、次のステップは左右どちらの副腎が多量にアルドステロンを生産しているのか、或いは左右両方が生産しているのかを検査する局在試験です。

左右どちら片方ならば、「一側性」と呼び、手術適応。

左右差が少なく双方からならば、「両側性」と呼び、手術不適応となります。

この検査は足の付け根の「大腿静脈」からカテーテルを挿入して「下大静脈」から右側は直接副腎静脈へ、左側は腎臓静脈を経由して副腎静脈までカテーテルを入れて、それぞれから採血して検査する。左右の副腎静脈が非対称なため検査は相当難易度が高いらしい。特に右側のサンプリングが難しいらしい。

 

相変わらず(>_<)

今朝は、血液検査がオーダーされていた。これは電解質バランスを見るためで、特にカリウム値の補正具合を確認します。が、値が「3.1」。

まだ、下限に達していない...(>_<)

またも増量(`_´)ゞ

今度は、3-2-3と言う変則的な量になりました。(9錠/日だと保険適用から外れるからとのこと)

これ以上は静注かしら⁉️

今日の気分 投薬 1046日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170626100125j:image

中途覚醒2回(`_´)ゞ

 

月曜病⁉️

 今日は、朝から調子が悪いです...(>_<)

久しぶりに半端ない脱力感と疲労感に襲われています。

両足のだるおもに加えて両腕に筋肉痛が出ています。

週末の絶好調が嘘のようです。全く普通に歩けたのに(>_<)

今日の気分 投薬 1045日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170620190741j:image

中途覚醒1回(`_´)ゞ

 

出社初日

今日から出社しました。

朝からダルオモ。つらいです。

検査結果を聞く外来は来週の金曜日。まだまだ先は長いです。途中で疲れて休みそうな感じです。

今日の気分 投薬 1044日目

(V)o¥o(V)ゴクリ(`_´)ゞ

f:id:hqmxn850:20170619055818j:image

早朝覚醒(`_´)ゞ

 

検査最終日

ようやく最終日、退院です(`_´)ゞ

あとは、定時のバイタルと採血とショッパイ朝食、10時までの蓄尿、採血結果の評価と退院時処方。

一番大事なお支払い😱😱😱

で、すべて終了の予定です(`_´)ゞ

 

【速報】試験結果第一報‼️

二日目のカプトプリル負荷試験は陰性だったようです(`_´)ゞ

アルドステロンが思った以上に下がったかなぁ⁇ RIA/PRAは264まで下がったけど、200以上はあったし、見事なまでの低カリウム血症出し、残り3つの試験結果に期待しましょう‼️

 

【速報】血液検査結果第一報‼️

今朝の採血の結果カリウムが、2.9だったようです(`_´)ゞ

増量決定(`_´)ゞ

の筈が、朝夕と寝る前に2錠づつだったのが、朝夕3錠づつに変更になりました。総量では変わらずでした。

 

【速報】採血オーダー追加(>_<)

筋肉痛などの筋肉のダメージの計測の為採血のオーダーが追加されました。

クレアチンキナーゼなどの計測を追加オーダーされました。結果を待たずに帰って来てしまいました。

 

【速報】請求書が郵送になりました。

何でも今日は請求事務担当がお休みだそうで請求書が作れないので、後日郵送するけどいいかと聞かれたけど、良いも悪いも請求書がなきゃしょうがないから承諾。

 

んなことしてる内にもう11時回ってるじゃん⁉️

大急ぎで退院処方を貰って帰って来ました。

f:id:hqmxn850:20170619170457j:image

↑↑↑↑を散歩に連れて行かなきゃいけないから早く帰りたかったのに...

とりま、フィーと家の中で休日最後の日をボケ〜と過ごしています(`_´)ゞ